スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

度外視




我が家は 夕方になると

西日が差しこんで

とても 暑くなります






もちろん パグのいるところでは

必ずエアコンをつけているので

暑くなるといっても さほどではないんですが








やっぱり 多少温度が上昇するらしく

パグたちは 涼を求めてさまよいます









でも いくら涼しいからって






涼










そこは ブーさんには

狭くないかい?





涼2











しかも 不満そうに

じっとワタシを見つめているのが

クーラーの温度を下げろということではなく










涼3




散歩の要求・・・・・










いま行ったら

あなた 死んでしまいますよ?




涼4









まだ7月なのに

秋が待ち遠しい 我が家です。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと お願いします
ブーさん | コメント(5) | トラックバック(0) | 2013/07/22 10:47

ツンデレ



トイレから出たら


ブーさんが 可愛い顔して


待ってたので







あわててカメラを向けたら


あっという間に





つんでれ










顔を背けられた・・・・




つんでれ2







出待ちするくせに つれない男


とんだツンデレ野郎だ。




にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと お願いします
ブーさん | コメント(4) | トラックバック(0) | 2013/06/17 10:04

暴君 3歳になる。

ブーさんよ

小さいころはとんだ暴れん坊だったよね。

元気いっぱいに 同じところをぐるぐると 

暴走機関車のごとく走り 体当たりしてきたね。



暴君2




トイレも なかなか覚えられなかったね。

あっちこっちと構わずするもんだから

トウサンと 臭い消しに四苦八苦したもんだよ。

トイレが完璧になったのは 豆さんが我が家に来てからだね。

そこは豆さんに感謝しとこうね。




暴君3






寝室の襖もぼろぼろにしてくれたよね。

ある日仕事から帰ったら 寝室の様子が一変してたから

本当にびっくりしたもんだよ。



暴君




犯人である君は なぜか瞳をきらきらさせて

襖のきれっぱしをかじっていたね。

今でも張り替えてないから

来客時に恥ずかしくてしようがないよ。








あのころは 歯も完全に生えかわってなかったから

いろんなものをかじるのが 大好きだったね

家具も至るところ やってくれたよね

目立つから 来客のときには やっぱり恥ずかしいよ。



暴君4





特に君のブームは

人が動くときに ひらひらとするズボンの裾に

噛みつくっていう遊びだったね。

構わず歩く人間に ずるずると引きずられながら

ズボンのすそに食らいついてたね。





そのうち ズボンとか関係なく

直接 足に噛みついてくるから

そのころはワタシの足は

生傷が絶えなかったよね。






そして もうひとつ

そのころの君は 

目を合わせると なぜか瞳をランランと輝かせて 

顔に向かって飛び掛かってきたね。

本当に危険だから ワタシは何度も怒ったよね。



暴君5




ある日 何かの拍子で中腰の状態で 

君と目を合わせてしまったワタシ

途端に 君は目を輝かせたから

ワタシはとっさに まずいと思ったけど

時すでに遅しで すごい勢いで飛び掛かってきたね。

間一髪 立ち上がって避けたと思ったら

物すごい激痛が 襲ってきたよ。

恐ろしいことに 君はチチに噛みついていたんだね。



暴君6




泣いたよ。

いい大人が あまりの痛さに 声を出して泣いたよ。

挙句に わざわざトウサンに電話でチクったよ。

大人げなかったね。

トウサンもさ 泣きながらチチを噛まれたと訴える妻に驚いたと思うよ。

トウサンは 取れちゃったの? と聞いきてきたよ。

君が噛みついた ビーチクが ぽろっと取れたかと心配したんだね。

正直 ワタシも取れたと思ったよ。

それくらい 痛かったんだもの。

でも 案外丈夫なもんで そう簡単には取れないもんだね。

安心したよ。



暴君7




そうして 君は暴君と呼ばれるようになったね。

いまや豆さんに虐げられている姿が嘘のようだ。

そんな暴君も 今日で3歳になるわけだね。

また暴れん坊になってほしいとは 微塵も思わないけど

すっかり落ち着いてしまったブーさんに

少し物足りない感じがしないでもないよ。

まあ 何にせよ

これからも元気に過ごしておくれ。

誕生日 おめでとう



暴君8



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと お願いします
ブーさん | コメント(14) | トラックバック(0) | 2013/05/11 11:27

犬でよかった・・・




以前から 散歩から帰った後や

お出かけから 帰ってきた後に

豆さんにマウントする ブーさん


へこり





嫌がる豆さんに 乗っかり

ワタシに怒られ 一旦は身を引くものの

再度 豆さんに乗っかり

豆さんが逃げると

ガウガウ吠えて 追い回し

家具のすみっこに 隠れる豆さんを

さらにガウガウと吠えたてる ブーさん




へこり2



なぜか この時ばかりは

とっても 強気です







そんな ブーさんに

ワタシは 穏やかに言ってやるのです





お前 犬でよかったね と。





人間だったら 即OUT 即逮捕 

既に塀の中の住人に なっていたでしょう




へこり3






犬でよかったね。

でも 豆さん以外にしたら だめだよ?




へこり4


・・・・・豆さん、がんば!!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと お願いします
ブーさん | コメント(8) | トラックバック(0) | 2013/04/19 10:10

無駄に長い今さらの昔話 その1


先日 このブログへのコメントで

ブーさんと 豆さんは

兄弟ではないのですかと 聞かれました



なれそめ








そこで

そういえば パグたちの出自について

あまり ふれたことがなかったなぁ~と

気づいた次第で あります





とはいっても

さほど 特別なことは何もないんですが

今更ながらに ちょっと昔話をば・・・・・






トウサンには 

犬を飼うなら パグという 希望がございました

なぜなら とある正月

初詣の行列に並んでいたとき

トウサンの背後に 並んだオジサマのダウンの懐から

パグが顔をのぞかせていたそうな。

その 愛くるしい姿を見た トウサンの胸は

早鐘のように打ち鳴らされ キュンキュンしてしまったのです。

それからというもの トウサンは

寝ても覚めても パグが忘れられなくなったとか

ならなかったとか・・・・・





要は そんな一目ぼれで

犬ならパグと 心に秘めていたそうです。

ワタシは 実家で雑種のワンコを飼っていたため

正直 パグにはあまり興味がわかず

「コウモンが丸見えな犬だなぁ~」というくらいにしか 

思っていませんでした。






そして 2010年の夏

ある日 いつも行くホームセンターで

黒パグの女の子に 出会ったのです。

パグといえば フォーンしか知らなかったのですが

その黒パグさんを一目見たときから

ワタシの胸は 早鐘のように打ち鳴らされ

とうに三十路を迎えておりましたが

乙女のように キュンキュンしてしまったのです。






しかし ここでトウサンが 意外なことを言い始めました。

犬を飼うなら パグで 男の子がいいと・・・・

最初の子供は男の子がいい的な 男性心理でしょうか?







生き物を勢いで買ってはいけませんので

まずは自宅に戻って 夫婦会議

トウサンは 犬を飼ったことがなかったので

散歩はどうするのか

餌代に、ワクチン・狂犬病と お金もかかる

何より その当時 まだワタシは勤めに出ていたので

子犬に 留守番をたくさんさせることになるなど

具体的に いろいろなリスクについて 話しました。







話し合った 結果

それでも やっぱり犬と暮らしたいという意見で一致し

翌日 雄の黒パグがいる横浜近郊と都内のペットショップをネット検索

車で いそいそと出かけたのでございます。

そして 出会ってしまったのです。




なれそめ2







ブーさんとの 初めての出会いは

ペットショップの展示ケース

犬用ベッドの下にもぐりこんで 寝ている小さい黒パグを見て

トウサンは 鼻息を荒くし 銀行へダッシュ。

ワタシは トウサンを待つ間

ほかの誰にも この子犬を渡すまいと
 
鼻息荒く ガードするのでした。






なれそめ3








そうして 我が家へやってきた 小さい小さいブーさんは

後に 黒い暴君という 異名を持つようになったのでした・・・・・


それはまた 別の機会に。

幸運5





にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと お願いします
ブーさん | コメント(10) | トラックバック(0) | 2013/04/15 10:27
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。